札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

こんなときどうすればいい?

 

こんなときどうすればいい? 生活の身近な問題から、人に相談しにくいことまで、弁護士がアドバイスします。

 

取り扱っている相談内容:労働事件へ

こんなときどうすればいい?のトップへ戻る

 

第6回目 解雇されたらどうするの?

イメージ

 「明日からもうこなくていい」
 「お前はクビだ」
 「今日付けで解雇します」
 ある日突然,このような言葉を投げかけられ,会社をクビになってしまうことがあります。会社をクビになっては生活していけないし,どうしたらよいかわからない・・・,そんなときのお助けになればと思い,クビと言われたときの対応の仕方,考えるべきこと,相談した方がよいことなどについてのアドバイスを紹介します。
 もっとも,実際に自分で対応するとなると,わからないことがたくさん出てくると思います。ここでご紹介したアドバイスはあくまで参考ですので,わからないことがあったら早めに弁護士にご相談されることをお勧めします。
 会社をクビになることは,生活に極めて大きな影響を与えるものです。クビとは法律的に言えば「解雇」と呼ばれるもので,日本の法制度上はそう簡単にできるものではありません。しかし,会社の社長がすべからく法律の専門家であるわけではありませんので,法律的に許されないことを知らないで解雇が言い渡されてしまうこともありますし,分かった上で解雇を行う悪質な場合もあります。
 いずれにせよ,会社がクビだと言い出してしまったら,翌月からの給料は支払われません。このような状況になってしまったら,どうすればいいのかはわからない方がほとんどだと思います。労働基準監督署に相談すればいいのかなぁと漠然と思われる方もいらっしゃる程度でしょうか。
 しかし,労働基準監督署は,会社に対して指導に入ることはあっても,個別の労働者の解雇撤回について,裁判まで付き合ってくれるわけではありません。労基署はあくまで,会社に対して指導を行い,不当な処分を自主的に修正することを促す機関であって,個別事案について直接的な強制力を行使するわけではないのです。
 実際に解雇されてしまったら,まず,どうすれば良いのか。会社に戻ることはできるのか。解雇されて会社で働くことができない間の給料はどのように取り扱われるのか・・・等,解雇に関する疑問は数多くあると思います。
 弁護士は,解雇された方からの相談に,あらゆる場面でお応えすることができます。次から具体的なアドバイスを紹介しますが,わからないこと,困ったことがあったら,なるべく早めに直接ご相談いただくことをお薦めします。

 

こんなときどうすればいい?のトップへ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ