札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

こんなときどうすればいい?

こんなときどうすればいい? 生活の身近な問題から、人に相談しにくいことまで、弁護士がアドバイスします。

第6回目解雇されたらどうするの?

02解雇言渡しから解決まで

解雇・リストラTOPに戻る
「こんなときどうすればいい?」に戻る

1. 一度は出勤しておく

 解雇を言渡されることはかなり精神的な衝撃が大きいものです。しかし,最終的な解決を考えると,解雇を言渡された翌日に会社に行き自分がまだ働くつもりがあることをアピールしておくべきといえます。
 もちろん,会社側としてはすでに解雇していることから,就業を拒否することがほとんどと考えられます。実際に会社から就業を拒否された場合には,何もせずに帰ってくることになります。
 出勤することによって,会社が解雇を撤回することはほぼ期待できません。しかし,後々,不当な解雇を受けて働くことができなかった期間の給与を請求する際には,労働者に働くつもりがあったことが重要となることがあります。したがって,一旦は会社に働く意思を示すことをお薦めします。

こんなときは、どうするの?
Q

 解雇されたあと,解雇されたのだから会社に行ってはいけないんだと思って一度も出勤しようとしたことがありません。相談するまでに大分時間がたってしまいましたが,私は解雇といわれている間の給料をもらえないのでしょうか?

 
A

 出勤するという行動を取らなかったからといって,当然に労働者が働くつもりがなかったと認定されるわけではありません。
 しかし,労働者が働くつもりがあったことを確実に認めてもらうためには,一度出勤して会社に拒否されたという事実が大きな意味を持ちます。つまり,一度出勤して拒否されておく,というのは最終的な解決を見通した際の安全策なのです。
 したがって,解雇言渡後,出勤していないからといって会社への請求をあきらめる必要はまったくありません。詳しくは,弁護士にご相談ください。

 
 

こんなときどうすればいい?のトップへ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ご相談の予約 お問い合わせ TEL:011-261-5715 お電話での受付時間/平日 午前9:00〜午後5:30 初めてご相談される方は、相談料無料 インターネットでの
ご質問・お問い合わせ