札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

こんなときどうすればいい?

こんなときどうすればいい? 生活の身近な問題から、人に相談しにくいことまで、弁護士がアドバイスします。

解雇・リストラ

解雇と言渡された直後の対応

解雇・リストラTOPに戻る
「こんなときどうすればいい?」に戻る

1. 就労意思の表明

 会社を辞める気などないのに,会社の上司から,「お前はクビだ」「明日から来なくていい」「本日付で解雇します」「君には今日を最後に辞めてもらう」等と言われた時には,まず,自分が会社を辞めるつもりはないことをはっきりと伝えておくべきです。
 最終的に裁判等になった場合に,解雇を言渡された後も当該会社で働くつもりがあったか否かが問題となることがあるからです。
 もっとも,会社への就労の意思表示であっても,そんなことを言ったら会社に何を言われるかわからず怖い,などと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
 このような場合には,弁護士にご依頼いただければ,会社との交渉自体をお引き受けすることができますので,早めのご相談をお薦めいたします。

こんなときは、どうするの?
Q

 色々な理由で,会社を辞めようか悩み,迷っている状況で会社から「明日からもうこなくていい」と言われました。今の会社については,辞めてもいいかなと少しは思っていたのですが,こんなときでも,辞めるつもりはないと言ってしまってよいのでしょうか?

 
A

 辞めるかどうかを迷っている状況は,将来的に辞める可能性があるにしろ,現時点では辞めるつもりはない状況であるといえます。したがって,会社から解雇を言渡された時点で辞める気はないということを主張することを躊躇する必要はありません。むしろ,辞めると決まったわけでもないのですから,積極的に現時点で辞めるつもりはないことを伝えるべきといえます。

 
 

こんなときどうすればいい?のトップへ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ