札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

こんなときどうすればいい?

  • トップ
  • こんなときどうすればいい?
 

こんなときどうすればいい? 生活の身近な問題から、人に相談しにくいことまで、弁護士がアドバイスします。

イメージ

 平穏な日常のはずが、突然トラブルに巻き込まれ、どう対応していいのかわからなくなってしまうことは誰にでもありえます。また、元々抱えていたトラブルの種が大きくなってしまい、自分では対処しきれなくなってしまうこともあります。
 他方で、事前に適切な対応を取っておくことで、将来のトラブルを防止することもできます。このコーナーでは、皆さんが日常で困ったときに、どう対処すればいいのか?あるいは後々トラブルにならないためには、どう対処しておけばよいのか?という点について、弁護士がアドバイスをします。

 

第1回目 交通事故に遭ったらどうするの?

イメージ

 交通事故に突然遭ってしまったら、どうしてよいのかわからない・・・。
そんなときのお助けとなればと思い、交通事故にあったときの対応の仕方、考えるべきこと、相談した方がよいことなど、交通事故の際のアドバイスを紹介します。

 もっとも、実際に自分でやるとなると、各種手続などわからないことがたくさん出てくると思います。ここでご紹介したアドバイスはあくまでも参考ですので、わからないことがあったら早めに弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

第2回目 成年後見「財産管理の判断能力に不安が…」

イメージ

 年金で生活している一人暮らしのおばあちゃんが,全く不要な1台80万円の掃除機を買ってしまった。
 認知症になった父のために,父が所有する田舎の土地を売却して施設へ入所するための費用にあてたい。
 このような場合に,利用できる可能性があるのが,「成年後見制度」です。

 ここでは,「このような制度もあるんだ!」と理解していただくために,また,この制度について少しでもイメージをつかんでいただけるように,制度の概要や手続きの流れなどを大まかにご紹介したいと思います。

 

第3回目 相続問題は、生きている間に対処ができる!

イメージ

 相続や遺言と聞くと、死ぬ間際のこと、死んでからのこと、そう思っている方が多いのではないでしょうか。しかし、実際にそのような状況になってからでは、時間が足りない、手段が選べないなどの理由から、皆さんが心から納得する解決を図れないこともあります。

 「相続や遺言なんて先の話」などと考えず、前もって、最低限の知識を得て、万が一に備えておくことはとても重要なことです。弁護士は、そんな準備のお手伝いをすることができます。

 

第4回目 借金問題への対処方法

イメージ

 借金の支払が苦しくて大変・・・多重債務問題は、利息の払い過ぎ(過払い)が大きな社会問題となった過去の問題ではなく、今も誰もが直面する可能性がある問題です。
 「借りた物は返さなければ」「自分が自己破産だなんて・・・」「債務整理や弁護士への相談なんて大げさな・・・」そんな考えを持たれている方も多いと思いますが、多重債務問題は、せっぱ詰まってからでは対処が難しくなってしまうことも多く、早めに適切に手を打っていればよりよい解決が図れることも多いものです。
 そんなみなさんへのお助けとなるよう、借金問題、多重債務問題についての法律的な仕組みや現実の状況、ご自身で想定しておくべき対応の仕方など、借金問題、多重債務問題についてのアドバイスを紹介します。

 もっとも、これから紹介するアドバイスはあくまで一般論です。ご自身で対応できることもありますが、全てをご自身で判断されると予想外の問題が生じる可能性もあります。当事務所では借金・多重債務の問題についての相談は初回無料ですので、わからないことがあったら早めに弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

第5回目 離婚問題の疑問にお答えします

イメージ

 夫婦の問題で悩んでいらっしゃいませんか?
 暴力や浮気,性格の不一致などで夫婦の関係に限界を感じたとき,離婚の手続が不透明なままでは,一歩踏み出すことはできません。
 ここでは,離婚についてお悩みの方に,少しでもイメージをつかんで頂けるよう弁護士の視点から手続の流れなどを詳しくご紹介いたします。
 ただし,お一人お一人抱えているご事情は様々です。
 それぞれの方のご事情に合わせた解決の方法がございますので,離婚をお考えの場合は,お早めに弁護士にご相談下さい。離婚することを決めていなかったとしても,段階に応じて様々なアドバイスをすることができます。
 当事務所では,所属する全ての弁護士が離婚事件を多数受任しており,難しい案件については相互に相談し協議ができる態勢が整っています。また,特にDV(ドメスティック・バイオレンス)被害を受けた女性のフォローに力を入れ,毎年数多くの案件を手がけています。どうか安心して,早めにご相談いただければと思います。

 

第6回目 解雇されたらどうするの?

イメージ

 「明日からもうこなくていい」
 「お前はクビだ」
 「今日付けで解雇します」
 ある日突然,このような言葉を投げかけられ,会社をクビになってしまうことがあります。会社をクビになっては生活していけないし,どうしたらよいかわからない・・・,そんなときのお助けになればと思い,クビと言われたときの対応の仕方,考えるべきこと,相談した方がよいことなどについてのアドバイスを紹介します。
 もっとも,実際に自分で対応するとなると,わからないことがたくさん出てくると思います。ここでご紹介したアドバイスはあくまで参考ですので,わからないことがあったら早めに弁護士にご相談されることをお勧めします。

 
ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ