札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

こんなときどうすればいい?

こんなときどうすればいい? 生活の身近な問題から、人に相談しにくいことまで、弁護士がアドバイスします。

相続問題は、生きている間に対処ができる!

こんなときは早めにご相談ください!

相続問題TOPに戻る
「こんなときどうすればいい?」に戻る

5. こんなときは早めにご相談ください!

5 遺言で自分の取り分が全くないことになっている

 こういう場合は「遺留分」の主張をするべきです。
 遺留分は、「遺留分を請求する」という主張を、一定期間内に相手方に伝達しなければ、時効にかかってしまうこともあります。
 もし、相続の場面に遭遇し、遺言書があることが判明して、自分の取り分がないということがわかったら、出来る限り早めに弁護士にご相談いただいて、遺留分の主張をすることをご検討いただければと思います。

おおぞら事務所の遺産分割事件の費用の目安はこちら
おおぞら事務所へのご相談のご予約はこちら
ご相談に関するお問い合わせはこちら

 

こんなときどうすればいい?のトップへ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ