札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

こんなときどうすればいい?

こんなときどうすればいい? 生活の身近な問題から、人に相談しにくいことまで、弁護士がアドバイスします。

第3回目相続問題は、生きている間に対処ができる!

05こんなときは早めにご相談ください!

相続問題TOPに戻る
「こんなときどうすればいい?」に戻る

5. こんなときは早めにご相談ください!

2 亡くなった親の面倒を見ていた相続人が遺産の内容を教えてくれない

 こういうケースは多いと思います。ですが、実は、亡くなった方ご本人の預貯金があった金融機関と支店名くらいまでわかっているのであれば、相続人の一人であっても直接金融機関に問い合わせることが可能です。保険や共済の契約なども同様です。
 もっとも、こうした手続のためには、相続関係を証明する戸籍謄本などをきちんとそろえる必要があるなど、準備や手続が煩雑であり、どなたでも簡単に行えるとは言い難い面があります。
 弁護士は、裁判だけをするのではなく、他の相続人と交渉したり、調停を起こしたりも出来ますし、その前提として相続財産の調査などの依頼を受けることも可能です。煩雑な手続を任せたいとお考えであれば、ぜひご相談いただければと思います。

おおぞら事務所の遺産分割事件の費用の目安はこちら
おおぞら事務所へのご相談のご予約はこちら
ご相談に関するお問い合わせはこちら

 

こんなときどうすればいい?のトップへ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ご相談の予約 お問い合わせ TEL:011-261-5715 お電話での受付時間/平日 午前9:00〜午後5:30 初めてご相談される方は、相談料無料 インターネットでの
ご質問・お問い合わせ