札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

こんなときどうすればいい?

 

こんなときどうすればいい? 生活の身近な問題から、人に相談しにくいことまで、弁護士がアドバイスします。

第3回目相続問題は、生きている間に対処ができる!

01相続の基本 
〜これだけは知っておきたいこと

相続問題TOPに戻る
「こんなときどうすればいい?」に戻る

1. 長男長女が受け継ぐわけではありません 〜法定相続分〜

 遺言も何もなくある人が亡くなった場合、相続の制度では、法定相続分による分割が原則です。

*法定相続分とは

(1)配偶者(夫婦の一方)は基本的に必ず相続人になります

つまり、妻Bが存命である限り、妻Bは常に相続人になるのです。

(2)配偶者以外の方には順位があります

第1順位:子
第2順位:親やさらにその両親
第3順位:兄弟姉妹

 つまり、Aさんが亡くなった時点で子Cが存命であれば、妻Bと子Cが相続人になります(ア)。
 もし、Aさんが亡くなった時点で子Cが存命でなければ(もちろんAさんと妻Bとの間に初めから子どもがいない場合も同じです)、妻BとAさんの両親D、Eが相続人になります(イ)。(ただし子Cにさらに子(Aさんから見れば孫)がいる場合は「代襲相続」といってその子(孫)が子Cの相続分を引き継ぐことになります。
 さらに、Aさんが亡くなった時点で子CもAさんの両親D、Eも存命でなければ(初めから子どもがいない場合もやはり同じです)、妻BとAさんの妹Fが相続人になります(ウ)。

(3) (1)と(2)の相続割合は次のとおり

配偶者と子 → 1:1
配偶者と親たち → 2:1
配偶者と兄弟姉妹 → 3:1

(4)同一順位内に複数いたら頭割り

 上の(ア)の場合は、B(配偶者)とC(子)ですから1:1の割合、つまり半分ずつ財産を相続することになります。
 上の(イ)の場合、B(配偶者)とD、E(親)ですから2:1の割合、つまり3分の2をBが、残りの3分の1をDとEが相続します。DとEは同順位の相続人なので、上の(4)のルールにしたがって、3分の1をさらに頭割りして結局DとEがそれぞれ全体の6分の1ずつ相続することになるのです。
 上の(ウ)の場合、B(配偶者)とF(妹)ですから3:1の割合、つまり4分の3をBが、残りの4分の1をFが相続することになります。

 

こんなときどうすればいい?のトップへ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ご相談の予約 お問い合わせ TEL:011-261-5715 お電話での受付時間/平日 午前9:00〜午後5:30 初めてご相談される方は、相談料無料 インターネットでの
ご質問・お問い合わせ