札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

こんなときどうすればいい?

 

こんなときどうすればいい? 生活の身近な問題から、人に相談しにくいことまで、弁護士がアドバイスします。

第5回目離婚問題

離婚問題の疑問にお答えします

離婚問題TOPに戻る
「こんなときどうすればいい?」に戻る

1. 離婚はどういう場合に認められるの?

 相手方から離婚を求められたら必ず離婚をしなければならないのでしょうか?

 そんなことはありません。
 民法は,離婚が認められる場合について,以下のように5つの類型に分けて定めています。
 (1)相手方が浮気をしたとき(不貞行為)
 (2)相手方が突然いなくなってしまったとき(悪意による遺棄)
 (3)相手方の生死が3年以上明らかでないとき
 (4)相手方が強度の精神病にかかり,回復の見込みがないとき
 (5)その他結婚生活を続けていくことができない重大な理由があるとき

 5つ目の,「結婚生活を続けていくことができない重大な理由があるとき」という類型は抽象的ですが,実は,これが,実際の離婚原因となることが多いです。
 具体的には,暴力をふるわれる,無視される,暴言を吐かれるといったような場合です。それが「結婚生活を続けていくことができない」ほど重大な程度に至っているかによって,離婚原因にあたるかどうかが判断されます。

 逆に,自分が離婚したいと思った場合も,相手が離婚を拒否してる場合には,この5つのどれかにあたらなければ,裁判で離婚を認めてもらうことはできません。
 ですので,離婚を考えるときには,この5つのどれかにあたるかどうかということを意識して考える必要があります。

 ところで,暴力があれば必ず離婚が認められるかといえば,そんなことはありません。
 夫婦によって,離婚に至るまでの状況はみな違いますから,離婚が認められる理由も夫婦それぞれです。
 ですから,例えば,暴力があったとしてもどの程度のものなら離婚が認められるのか,何回くらい暴力があれば離婚が認められるのかということは,一概にいうことができません。

 もっとも,弁護士であれば,過去の裁判例などをもとに,どの程度の事情の場合には離婚が認められる可能性が高いかをアドバイスすることができます。
 お一人で悩まずに,弁護士に相談して具体的な事情を説明して,アドバイスを受けてみてください。

おおぞら事務所の離婚事件の費用の目安はこちら
おおぞら事務所へのご相談のご予約はこちら
ご相談に関するお問い合わせはこちら

 

こんなときどうすればいい?のトップへ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ご相談の予約 お問い合わせ TEL:011-261-5715 お電話での受付時間/平日 午前9:00〜午後5:30 初めてご相談される方は、相談料無料 インターネットでの
ご質問・お問い合わせ