札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

こんなときどうすればいい?

こんなときどうすればいい? 生活の身近な問題から、人に相談しにくいことまで、弁護士がアドバイスします。

第6回目解雇されたらどうするの?

01解雇と言渡された直後の対応

解雇・リストラTOPに戻る
「こんなときどうすればいい?」に戻る

4. その他事務手続きの確認

 会社から解雇された場合,通常は離職票や各種保険・年金の資格喪失手続きが行われます。
 これらの手続きが行われると,手続きが行われたことについての証明書等が発行され,手渡しや郵送によって労働者の手元に届けられます。そして,労働者は,これらを利用して失業保険の申請や,次の職場での保険加入手続きを行うことになります。
 しかし,時に会社が解雇したにもかかわらず,これらの書面の交付を怠ることがあります。これらの書面がない場合,失業保険の申請もできませんし,就職活動においても保険関係がどうなっているか分からないなど,様々な問題が発生しかねません。したがって,解雇を言渡された場合には,これまで述べてきたように,解雇の理由を確認すると同時に,離職票等の交付はいつ頃になるのかをきちんと聞いておくべきといえます。

 

次回 02. 解雇言渡しから解決まで

こんなときどうすればいい?のトップへ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ご相談の予約 お問い合わせ TEL:011-261-5715 お電話での受付時間/平日 午前9:00〜午後5:30 初めてご相談される方は、相談料無料 インターネットでの
ご質問・お問い合わせ