札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

こんなときどうすればいい?

 

こんなときどうすればいい? 生活の身近な問題から、人に相談しにくいことまで、弁護士がアドバイスします。

交通事故に遭ったらどうするの?

事故後から示談まで―被害者編―

交通事故TOPに戻る
「こんなときどうすればいい?」に戻る

  • 事故直後の対応
  • 事故後から示談まで―被害者編―
  • 事故後から示談まで―加害者編―
  • こんなときは早めにご相談ください!
 

人身事故について

  • 病院での治療
  • 治療費支払時の対応
  • 休業中の生活費の補償
  • 後遺障害の認定
  • 保険会社からの賠償金提示
 

その他

  • 物損について
  • 弁護士に相談するメリット
 
物損について

 破損した自車を修理工場に搬送します。自分が希望する修理工場に運んで構いませんが、修理に着工するのは加害者の保険会社担当者に確認を取ってからの方がいいでしょう。
 保険会社のアジャスター(調査員)が車の破損状況を確認する場合があり、保険会社の了解なしに修理をしてしまうと、後日保険金支払いに関してトラブルになる可能性があります。
 なお、自車を修理する場合は、

  1. 見積もりを取る
  2. 損傷箇所の写真を撮る
  3. 交換部品を保存しておく(部品交換がある場合)

の3つは行っておいた方がいいでしょう(修理工場にお願いすれば、通常はやってくれます)。

 
  • 事故直後の対応
  • 事故後から示談まで―被害者編―
  • 事故後から示談まで―加害者編―
  • こんなときは早めにご相談ください!
 

こんなときどうすればいい?のトップへ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ