札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

こんなときどうすればいい?

 

こんなときどうすればいい? 生活の身近な問題から、人に相談しにくいことまで、弁護士がアドバイスします。

第1回目交通事故に遭ったらどうするの?

02事故後から示談まで
―被害者編―

交通事故TOPに戻る
「こんなときどうすればいい?」に戻る

  • 事故直後の対応
  • 事故後から示談まで―被害者編―
  • 事故後から示談まで―加害者編―
  • こんなときは早めにご相談ください!
 

人身事故について

  • 病院での治療
  • 治療費支払時の対応
  • 休業中の生活費の補償
  • 後遺障害の認定
  • 保険会社からの賠償金提示
 

その他

  • 物損について
  • 弁護士に相談するメリット
 
3. 休業中の生活費の補償

 事故に遭って休業した場合、被害事故であれば、通常、相手方の保険会社から、事故前の収入に応じた休業損害が毎月支払われます。
 もっとも、保険会社に対して、給与明細や源泉徴収票などの収入を証明する資料を提出する必要がありますし、あわせて、勤務先に、休業損害証明書の作成をお願いする必要があります。

 会社員であれば、事故前の給与明細を提出することにより、事故前の収入を容易に証明できます。
 しかし、自営業等の場合は収入の立証は容易ではなく、立証が不十分であるために現実収入より低く算定され、不十分な休業損害しか支払われない場合があります。
 また、休業補償が支払われる期間は、原則として休職期間中までなので、まだ治療を続けたいのに保険会社から休業補償を打ち切られてしまう場合があります。
 休業補償については、治療中の打切りに対して対応できる方法はあまりなく、なかなか難しいところですが、場合によっては相手の保険会社の不当な打切りである場合もあります。
 ですから、対応に困った時には、弁護士に相談してみて下さい。

おおぞら事務所の交通事故に関する相談等の費用の目安はこちら
おおぞら事務所へのご相談のご予約はこちら
ご相談に関するお問い合わせはこちら

 
  • 事故直後の対応
  • 事故後から示談まで―被害者編―
  • 事故後から示談まで―加害者編―
  • こんなときは早めにご相談ください!
 

こんなときどうすればいい?のトップへ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ご相談の予約 お問い合わせ TEL:011-261-5715 お電話での受付時間/平日 午前9:00〜午後5:30 初めてご相談される方は、相談料無料 インターネットでの
ご質問・お問い合わせ