札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

こんなときどうすればいい?

こんなときどうすればいい? 生活の身近な問題から、人に相談しにくいことまで、弁護士がアドバイスします。

交通事故に遭ったらどうするの?

事故直後の対応

交通事故TOPに戻る
「こんなときどうすればいい?」に戻る

  • 事故直後の対応
  • 事故後から示談まで―被害者編―
  • 事故後から示談まで―加害者編―
  • こんなときは早めにご相談ください!
 
  • 負傷者の確認・救護
  • 警察への届け出
  • 証拠の保全・相手情報の確認
  • 保険会社への事故報告
 
2. 警察への届け出

〜後で後悔しないためにも、すぐに警察へ〜

 警察への届け出は運転者の義務です(道路交通法72条1項)。物損・人身にかかわらず、速やかに警察に連絡しましょう。連絡方法は110番で結構です。運転者が負傷して報告できないときは、報告可能な同乗者の方が連絡して下さい。
 なお、警察への届け出は法律上の義務であるというだけでなく、任意保険・自賠責保険を問わず保険金を請求する際の必要書類である「交通事故証明書」の交付が受けられなくなるという不利益につながるので、必ず行ってください(ただし、駐車場等私有地内における物損事故については、届出義務はありません。)。

 警察は、交通事故の当事者双方の話を聞きますが、負傷者のいる「人身事故」か、負傷者のいない「物損事故」かによって対応が違います。「人身事故」であれば「業務上過失致死傷罪」等の犯罪にあたる可能性があるので、警察は刑事裁判を視野に入れた捜査をしなければなりません。他方、「物損事故」であれば特に犯罪にはならないため、人身事故ほどきちんとやってもらえない場合があります。また、警察が行う捜査が必ずしも自分にとって有利なようにならないこともありえます。そこで、警察に対しては自分の言い分をしっかり伝えておくとともに、警察に十分な捜査、実況見分を行ってもらえなかった場合に備え、次の第3章で述べる「証拠の保全・相手情報の確認」を、行うよう心がけて下さい。

こんな時は、どうするの?

Q

 事故の相手から「事故が発覚すると、職場でペナルティを受けてしまうので、警察には届けないで欲しい。」と相談されました、ケガはないので、届けなくても問題ないでしょうか?

 

A

 稀に事故の相手(特に加害者)から、事故が発覚すると職場で不利益を受けること等を理由に「警察には届けないで欲しい」と頼まれることがあります。しかし、そのような場合でも「お気持ちはわかりますが、法律上届けなければいけないことになっているので…。」と丁寧にお断りすべきです。警察に届けなかった結果、保険金請求が困難になったり、相手の所在がわからなくなって賠償してもらえなくなったり、不利益をうけるのは被害者側です(交通事故証明書には相手方運転者の氏名、住所、電話番号等が記載されています)。

 
 
  • 事故直後の対応
  • 事故後から示談まで―被害者編―
  • 事故後から示談まで―加害者編―
  • こんなときは早めにご相談ください!
 

こんなときどうすればいい?のトップへ戻る

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ