札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

弁護士に相談するメリット

 

司法書士や行政書士との違い

 相談についての制限

(1) 相談についての制限

1  弁護士には、相談の種類による制限はありません。
 金銭トラブルから離婚、相続や遺言の問題、交通事故、借金の整理や刑事事件に至るまで、幅広い分野の相談を受けることが出来ます。

2  他士業は、それぞれの専門分野に関する相談は可能です。
 司法書士の場合は「登記」、行政書士の場合は「官公庁への届出」が専門分野です。その他の種類の相談については、弁護士法72条により「業として対価を得る目的で」の相談はできないことになっています(例外的に、下記のとおり、140万円までの紛争については認定を受けた司法書士は弁護士と同じことができます。)。

 

 依頼を受ける際の制限

1  弁護士には、手続による制限はありません。
 裁判外の「交渉」から、裁判所を利用した「調停」「第一審の訴訟」「控訴審の訴訟」「最高裁での訴訟」まで、どの手続でも代理できます。

2  他士業は、それぞれの専門分野に関する代理が原則です。
 司法書士の場合は「登記」と「裁判書類の作成」が専門分野です(ただし「裁判書類の作成」については下記のとおり、弁護士と比較した専門分野ではありません。)。もっとも、認定を受けた司法書士は、140万円までの紛争については弁護士と同じことが出来るようになりますので、「簡易裁判所での第一審の訴訟」まで可能となります。
 行政書士の場合は「官公庁への届出」と「事実や権利の証明書類の作成」が専門分野です。裁判については一切関与ができません。さらに、紛争性がある場合には「事実や権利の証明書類の作成」もできないといわれており、その場合はやはり弁護士(140万円までの紛争なら認定司法書士も)の専門領域となります。

 専門分野の違い

1  弁護士は、まず前提として、上記のとおり幅広い分野の相談や依頼を受けることが出来ます。その上で、個々の弁護士によって「分野」による得意不得意があるのです。これはお医者さんの診療科目に少しにているかもしれませんが、弁護士の場合は、お医者さんの診療科目ほどには分野が明確に分かれていないので、「専門」と表明することは意外と難しいと思います。
 もっとも、弁護士は、司法書士の専門分野である「登記」や行政書士の専門分野である「官公庁への届出」は、あまり経験していないことが多いと思いますので、このあたりはそれぞれ司法書士や行政書士が最も強いといえると思います。

2  司法書士は、まさに「登記」のエキスパートです。
 そのほか、「裁判書類の作成」も専門分野ではあるのですが、これは「一般人と比べて」のことであって、まさに裁判手続を専門としている弁護士と比べてしまうと「代理人にはなれず、書類の作成しかできない」という制約になってしまいます(例外として「認定司法書士」がいるのは上記で述べたとおりです。)。
 行政書士は、官公庁への届出の代行が専門分野です。わかりやすい例としては「車庫証明の申請」などが挙げられると思います。
 ほかに「事実や権利の証明書類の作成」も可能ですが、紛争性がある場合はこうした書類の作成もできないといわれているので、制限なくどんなことでも対応できる弁護士と比べると「争いが起きたらそれ以上できない」という制約になってしまいます。

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ