札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

弁護士に相談するメリット

 

弁護士はこんなことができます!

 弁護士は幅広い分野の相談を受けることができます

1  弁護士は、基本的に「法律問題」であれば何でも相談を受けることが出来ます。
 みなさんにとっては「社会生活上のトラブル」であれば、ほとんどのことが当てはまると思います。
 もちろん、中には弁護士にも解決できないことはあります。
 しかし、初めから「これは弁護士に相談していいことなのかわからないからやめておこう」とは思わないでください。もしかするとそれは、弁護士がお手伝いすることで、とてもよい解決ができることかもしれません。
 どんなことでも、まずは相談してみてください。

2  弁護士には、相談の種類による制限はありません。
 金銭トラブルから離婚、相続や遺言の問題、交通事故、借金の整理や刑事事件に至るまで、幅広い分野の相談を受けることが出来ます。
 これに対し、司法書士や行政書士といった資格には、有料で相談業務を受けたり、代理人として依頼を受けたりすることに一定の制約があります。

弁護士と他士業との詳しい違いについてはこちらへ

 弁護士は全ての裁判手続・行政手続を代理できます

(2) 弁護士は全ての裁判手続・行政手続を代理できます

1  先ほどは「種類」のお話しでしたが、今度は「手続」のお話しです。
 弁護士は、法律上、全ての裁判手続・行政手続を代理できます。ですから、例えば最終的に裁判にまで至るような事件の場合、「交渉」「調停」「第一審の訴訟」「控訴審の訴訟」「最高裁での訴訟」まで、どの手続でも最初から最後までお付き合いすることができます。このように最初から最後までお付き合いすることができるのは、弁護士だけです。
 これに対し、司法書士や行政書士といった資格には、代理人として関与できる手続に一定の制約があります。

 

弁護士と他士業との詳しい違いについてはこちらへ

2  地方裁判所より上級の裁判所の手続は、ほぼ弁護士しか代理できませんので、弁護士は裁判手続ばかりやっていると思われがちです。
 そのため、「裁判にするまでもないような小さなことは弁護士に聞いてはいけない」と思い、司法書士や行政書士に相談を考えてしまう方もいらっしゃるようです。
 しかし、これは大きな誤解であり、とてももったいないと思います。弁護士はどんな小さな問題でも、どんな段階からでも関わることができますし、先に述べたとおり最初から最後までお付き合いが出来るので、「また新しい専門家に頼み直さなければならないのか」という心配がいりません。
「小さい」「大きい」は気にせず、最初から気軽にご相談いただければと思います。

ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ