札幌の地域に根ざした弁護士として、1人1人の相談を大切にし、迅速に解決します。

取り扱っている相談内容

行政訴訟

費用について

 身近な市町村の税金の使途や様々な政策について,市民として意見を述べる機会が増えてきています。そんなときにも法律の専門家のアドバイスを受けることが重要です。すぐに解決につながらないかもしれませんが,制度の仕組みを知ることができ,より効果的に市民としての意見を発信できるきっかけになるかもしれません。
またそれ以外に,都市計画法による市街化調整区域の問題,生活保護の支給の問題等にも,ご相談に応じています。

(具体例)

  • 自治体のお金の使われ方を調べるのに,情報公開制度を利用したいのだが,自分でもできるのだろうか?何がわかるのだろうか。
  • いわゆる第3セクターの問題点を調べるにはどうしたらいいか。
  • 自治体に情報公開をしたのだが,資料が黒塗りで公開された。これに対してどのような不服の申し出ができるのだろうか。
  • オンブズマン制度とはどういうものですか。自分も参加することができるのでしょうか。
  • 自治体のお金の使い方に疑問がある。これを問いただすための住民監査請求や住民訴訟というのは,どのような制度ですか。自分でもできるのでしょうか。
  • 公共事業で談合があったという情報を得た。自分で何かできることはないのだろうか。
  • 都市計画法に基づく市街化調整区域の変更に疑問がある。どのような対応が可能だろうか。
  • 道路を拡張するために,所有地の一部が買い上げられることになった。どのような点に注意すればいいか。
  • 生活保護の申請をしたいのだが,親や兄弟に迷惑はかからないだろうか。
  • 生活保護の申請に行ったが,申込書を受け付けてもらえなかった。どうしたらいいか。
ご相談・お問合せ先 TEL:011-261-5715
ページの先頭へ